(今更感想/FF13)パルスのファルシのルシ(ry問題を考える



始めたものの何を書いたものか、と迷うこの頃ですが
とりあえず以前クリアしたものやプレイしたものの感想でも書いていこうと思います。


さてここ最近で片づけてきた積みゲーの中に

様々な意味で話題となった作品 FINAL FANTASY13もありました。
過去にFFシリーズを何作かプレイしている身としては、13も当然以前から気になっていたので実際に今更ながらプレイ。
続編も2作出ているという事で、気に入ったらそちらもプレイしてみようじゃないか!と挑みます。





【以下若干解説あり 極力ネタバレはなし】



FF13といえば、よく知られているのが非常に賛否両論な作品ということ


中でもFF13ネタで有名なのは「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」(もしくはパルスのファルシのルシがコクーンでパージ)
というFF13を表したコピペですね。

FF13をプレイしていない人にとっては何のことだかサッパリの文面ですが
FF13プレイしたけどやっぱり意味が分からないという人も多いといいます。


FF13が倦厭されてしまう要因の一つがこのなんのことだかさっぱりコピペのせいであったり、物語冒頭に繰り広げられる 意味不明用語のタイダルウェーブによるものかと思います。


ですが、実はこのコピペはただのネタコピペではなくきちんとFF13の世界を表した文面なんですね。



FF13の世界には

未開の地・下界であるパルス
パルスの上に作られ、人々が生活している都市・コクーン
があります。


また、下界パルスと、都市・コクーンには
ファルシと呼ばれる神様のような存在である管理者がそれぞれいて、様々な事を統治しています。

さてこのファルシと呼ばれる神様はこまったことに
自らの力を使ってどっかの誰かを勝手に選んでルシと呼ばれる自分の遣い人のようなものにして、「使命」という名の役割を与えます。

この「使命」というものが物語でもやっかいなのですが、ファルシ(神様・管理者)は人を選ぶだけ選んでおいてルシ(神様の遣い人)には具体的なやらなきゃいけないことを教えてはくれません。

さらにこのルシ(神様の遣い人)に選ばれたら最後。自分の使命(役割)を務めたとしても、ダメだったとしても、死に近いような扱いを受けるってオチです。

あ、俺、ファルシ(神様・管理者)だけど

お前今日からルシ(神様の遣い人)だからさwww

え?なにすりゃ良いのって?

アレだよアレ。

え?意味わかんないって??後は自分で考えてwww

あ、そうそう。使命こなしてもダメでも社会的には死ぬからヨロwwww



みたいなことです。ブラックってレベルじゃねぇ。


さて、そんなある日都市・コクーンにて下界パルスファルシ(神様・管理者)が発見されました。
都市・コクーンにとって下界パルスはとても恐ろしい禁忌の場所という認識があるので一大事です。

さらにこの見つかった下界パルスファルシ(神様・管理者)、人々を自分のルシ(神様の遣い人)にしたっぽいぞ?ということで

万が一下界パルスから来たファルシ(神様・管理者)ルシ(神様の遣い人)なんて作って送りこんだら、私たち都市・コクーンが脅威にさらされるんじゃないか!?

ということになり

パージと呼ばれる追放を実行するのでした。





つまりパルスのファルシのルシがコクーンでパージとは

禁忌の土地である下界パルスから来たファルシ(神様・管理者)ルシ(神様の遣い人)を人々の安寧の地・都市・コクーンにて生み出した。そんなのはきっと人々の脅威でしかないからパージ(追放)しなければ!




という文面となります。



これが物語の導入で説明されるのですが

まぁ当然プレイヤーはこんな専門用語なんて知らずに物語を始める訳です。

ですが


登場人物はこれらの状況説明はするものの、解説はしてくれずに物語が進んでいきます。

だからこそプレイヤー達は分からないまま物語は進んでいき・・・さらにアレコレと新しい用語や展開に置いて行かれがち・・・ということになります。



でも実はこの用語などの解説、ゲーム内では皆無という訳ではないのです。


確かに物語の上でキャラ達が解説してくれることは少ないのですが、メニュー画面にある「オートクリップ」とよばれる あらすじや用語解説集で知ることができます。



逆を言えば、自ら解説ページを熟読しないと物語について行きづらいということです。



プレイ前は私自身も「分からない用語は調べつつ進めていこう」と思っていたのですが
きちんとゲーム内のオートクリップを読み込んでいけば大体のあらすじや用語などは理解できました。

こういった作業などが面倒・物語中で解説してくれればいいのに、という点であまり受け入れられない方が多いのもわかるなぁと感じました。






肝心の戦闘システムについては敵がコマンドを選ぶまで待っていてくれる従来のターン制ウェイトバトルではなく、その都度状況が変化していくアクティブタイムバトルです。

プレイヤーは基本的にキャラクター一人をコマンド操作して、他のパーティメンバーはオートで戦うというシステムです。


従来の魔法を選んで発動したり、回復したりなどをそのターンごとに選んで操作することもできますがバトルの展開が目まぐるしく変化していくので、実際にはそれだと戦闘に追いついていけないことも多いため
プレイヤーキャラも半分オートで進めていくような戦闘スタイルです。



ただオートだからといって黙って見ていれば戦闘が終わるということでもなく、重要になるのが「オプティマ」と呼ばれる作戦・パーティの戦闘スタイルの変化です。


みんなで攻撃に回ろうという戦闘スタイルや
一人は攻撃して、一人は回復役、一人は相手を弱らせる魔法を打つなど

その戦闘の状況にあった作戦を選んで選択していきます。


先に書いたようにバトルの状況が敵味方共にくるくるとかわるので、その時々に合った作戦をこまめに指定して変えながら戦闘を進めていく・・・というバトルになります。



これも慣れるまではなかなかやっかいでしたが
このスタイルに慣れてくると楽しい。特にあれこれせっせと作戦をかえながら戦ったボスを撃破した時なども快感。



判断ミスでザコ敵相手に全滅・・・なんてこともザラにあるのでかなーりせかせかしたバトルになって落ち着かないですねww





私はあまり1週目からやりこみをせずにクリアするタイプの人間なのですが

クリア時間は約43~44時間時間でした。
基本道草せずに、チョロっとレベル上げのようなことをしたくらいです。


サクサク操作できる方で道草せずにですと40時間を切るかと思います。
なかなかうまくいかない方だともう少しかかるかな?と思います。


クリアまでの時間はそこまでかからない方だとは思いますが
ストーリーや道筋が一本道だとよく言われることもあり
何度かキツいなと思う場面があるかもしれないです。



ストーリーや用語を自分なりに追いかけるよう努力できる
バトルシステムに早く慣れるよう努める
ザコに負けても折れない心

という意気込みがあればやっていけるかな・・・という感じです。


王道作品が好き!、手軽にRPGがやりたいなー、自由度が高いのが好き!etc..

という方はなかなか馴染めないだろうなぁとは感じました(^^;)




私としては、この作品一番の魅力は戦う女性キャラですね。

主人公のライトニングも好きですが、なにより登場キャラの一人のファングという女性キャラがカッコよくて大好きです。

戦う女性キャラ好きな方はなかなか楽しめるんじゃないかなーとも思ったり。


あと登場キャラのホープくんという少年も好きです。ショタ好き狙い撃ち。




私の最終的な感想は
巷でクソゲーと揶揄されていたけれど、そうは感じませんでした。

ただ本当にやる気がある人じゃないと途中で投げてしまうだろうなーと。

もう一周しますか?と言われれば、しばらくは良いかなぁ・・・という感じです。




ちなみに続編としてFF13-2がありますが
こちらの方は前作以上にバッシングが強いイメージです。

とはいえFF13のほうでもおおむね満足できた私はゲオで450円で買ってきましたので近いうちにそちらの方も是非プレイしようと思います。




ゲームレビューランキング

オタク主婦ランキング





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

姉子

Author:姉子
積みゲー消化を目指す新米主婦。多忙な旦那をケアしつつも、時には光の戦士になったり、時には世界を救う旅へ出たり、時にはJKとしてイケメンと恋をしたり(二次元)。世に言う華やかな奥さまイメージとは無縁のオタク嫁。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR